ドコモ5Gオープンパートナープログラム

第2回 ドコモ5Gオープンパートナープログラム® オンラインセミナー ドコモの5G関連サービスで
今すぐ5Gソリューションを実現

5Gソリューション オンラインセミナーでは、5Gを活用したソリューションに関する様々な旬のトピックを皆さまにご提供します。第2回となる今回のテーマは「今すぐ始める5Gソリューション」です。
いよいよ商用化が始まった5Gですが、カバー率が広まるのはまだまだこれからと5Gソリューションの展開を諦めていませんか? NTTドコモでは本年3月よりお客様のご要望に合わせてネットワークを構築する「ネットワークカスタマイゼーション™」により、まだ5Gが使用できないエリアで短期的に5Gを利用可能にする「キャリー5G™」や「ローカル5G構築支援」などのサービスを提供しています。

また、「ドコモ 画像認識プラットフォーム」では、画像認識に必要となる環境をサービスとしてご提供するので、ハードウェアなどの初期投資無しで画像認識ソリューションを構築できます。ドコモオープンイノベーションクラウド®上で展開されているため、MECの特徴を生かした画像認識エンジンを活用したソリューションも実現できます。

「テレワークロボット™」は、株式会社スマートロボティクスが開発し、NTTドコモ5Gパートナーソリューションとして11月5日より販売を開始した遠隔操作ロボットです。用途に向けたカスタマイズが可能で、使用環境あわせた設定などなしに導入後すぐに利用可能となります。新型コロナウイルス感染拡大に伴いカスタマイズ開発した「殺菌灯搭載ロボット」など、事例を交えながら本ソリューションについてご紹介いたします。

開催概要

日時

2020.12.17(木)15:00~17:00

場所

オンライン開催(MS Teams)

費用

無料

主催

株式会社NTTドコモ

運営協力

日本仮想化技術株式会社

プログラム

時間 内容
15:00-15:10 オープニングトーク(イベント説明)
@事務局
15:10-15:30
5G時代のお客さま要望に応える”ネットワークカスタマイゼーション™”
小畑@NTTドコモ
15:30-15:50
5G時代のドコモのクラウドサービス ドコモ画像認識プラットフォーム
長尾@NTTドコモ
15:50-16:10
簡単操作で遠隔地から「見回り」「会話」「運搬」ができる「テレワークロボット」の可能性
井島様@スマートロボティクス
16:10-16:25 質疑応答
モデレータ@事務局
16:25-16:30 クロージング

講演内容

■5G時代のお客さま要望に応える”ネットワークカスタマイゼーション”

講師:小畑 和則(株式会社NTTドコモ)

これからの5G時代はネットワークの高品質、高度化だけでなく、ソリューション、サービスも一緒に提供していく必要がある。お客様からは、以下のような要件をいただく。

・低遅延の通信
・安定した通信速度
・高いセキュリティ
・早期のネットワーク構築
・一時的なネットワーク構築

これらの要件に対して、ドコモの公衆網からローカルネットワークまで最適な手段をご提案するのが「ネットワークカスタマイゼーション」である。
このサービスは、以下の4つのサービスを提供している。

・ワイヤレスコンサルティング
ドコモの無線技術を活かした総合的なコンサルティング。ドコモの4G/5G以外の、汎用的な技術も含めた総合的なコンサルティングを提供している。

・ローカル5G構築支援
ドコモのネットワーク構築・運用ノウハウを活かしたローカル5G構築支援。ローカル5Gは独立した閉域網で、公衆網とは異なった占有性、柔軟性のある通信環境が提供できる。ローカル5G構築はコストや品質などの課題があるが、それらの課題をドコモの持つノウハウで解決する。

・可搬基地局/キャリー5G
一時的なネットワークの要望に対し、大規模な工事を伴うことなくご要望の場所に5Gエリアを構築するサービス。イベント会場や工事現場での一時的な5G利用や、自社拠点での実証実験などが行える。期間は1日から1週間程度となる。

・ドコモオープンイノベーションクラウド
遅延・セキュア・柔軟な回線設定を可能とするクラウドサービス。オプションサービスの「クラウドダイレクト™」により、低遅延な閉域網での接続を提供したり、モバイル回線の接続先を柔軟に切り替えられる「ネットワーク・オン・デマンド」機能を実現したりすることができる。パートナーと協創したサービスを利用することも可能。

■5G時代のドコモのクラウドサービス ドコモ画像認識プラットフォーム

講師:長尾 快星(株式会社NTTドコモ)

画像認識を活用したソリューションを提供したいパートナーが利用できるプラットフォームを提供しており、環境を自前で用意する必要がない。
画像認識技術は、ルールベースと機械学習・ディープラーニングを活用したものに分けられるが、本プラットフォームでは後者を提供している。目視検査などアナログな作業を、用途に合わせた画像認識エンジンを作ることでデジタルトランスフォーメーションが実現できる。

本プラットフォームを活用した事例

・アンテナのある建物調査の効率化
航空写真から建造物にテレビ受像用アンテナが立っているかどうかを画像認識で一括確認。

・雑草エリア検知の効率化
牧場のドローンの画像から雑草が生えている位置を把握し、除草作業を効率化。

提供される機能は、画像を読み込ませて「学習モデル」を作成する「学習機能」と、学習モデルに基づいて画像データの判断を行う「推論機能」の2つとなっている。画像認識を行うためには事前の学習が必要となるが、今後事前学習済みの学習モデルを提供する予定である。また、ソリューションを利用した際の蓄積データをフィードバックすることで、画像認識の精度を上げていくこともできる。
推論機能は現在、画像の中に「何が」「どこに」写っているかを判断する「物体検出エンジン」、画像に「何が」写っているかを判断する「一般物体認識エンジン」が提供されている。今後、「文字認識(OCR)エンジン」、「類似画像検索」、「特定物体認識」や「姿勢推定」なども提供が予定されているので、さらに幅広いソリューションで活用できる。

■簡単操作で遠隔地から「見回り」「会話」「運搬」ができる「テレワークロボット」の可能性

講師:井島 剛志(株式会社スマートロボティクス)

新型コロナウイルスによる市場の意識が変化していく中、人手不足の問題が出てきた。非対面でも行いたい仕事として、運搬や見回りなどがあるが、「離れていても現場で仕事ができるようになれば」ということで「テレワークロボット」を開発した。物流倉庫でのピッキングロボットを既に開発していたが、遠隔操作できるようにしたことで離れたオフィスや自宅から業務を行えるようになった。

「テレワークロボット」の基本的な構成は、台車の上にタッチパネル式のモニターとカメラを取り付けて遠隔から操作、会話が行えるようにした。これをカスタマイズして、除菌、配膳、噴霧、運搬などが行えるようにできる。操作はスマートフォン、あるいはPCのWebブラウザを見ながら、リモコンを使ってラジコンのように行える。事前に専門家の現地調整が必要な産業用ロボットに比べて、テレワークロボットはネットワーク接続できれば即日使うことができるのが優位点である。

新型コロナウイルス対策のためのカスタマイズ要望が多かったため、消毒、ウイルス除去のための殺菌灯搭載ロボットを開発した。紫外線UV-C波長254nmを照射するランプを搭載。照射する紫外線は人体には有害なため、安全な遠隔地からカメラで確認しながら殺菌灯ランプを照射できる。すでに複数の病院で稼働している。

その他の例として、建設現場のニーズに合わせた施工状況の確認や遠隔測量を行うロボットがある。建設現場で実証実験して効果があると評価されたため、実際の導入に向けて調整中である。

人が行う業務が1%ロボットに置き換わることで、大きなコスト削減に繋がる。試算では1.5兆円規模の市場となる。

5Gと組み合わせることで、大容量通信が可能なため、操作画面の解像度を上げることができる。また操作遅延時間の低遅延と安定性も期待できる。さらに今後はVR連携や操作性の向上、多軸制御アーム機能の装備なども行えると考えている。さらに機械学習と組み合わせる事で自動化することも視野に入れている。

  • 1.提供中の主なサービス(特徴) ドコモの無線技術を活かした総合的なコンサルティング ドコモのNW構築・運用ノウハウを活かしたローカル5G構築支援 一時的なNW要望に対し、大規模な工事を伴うことなくご要望の場所に5Gエリアを構築 低遅延・セキュア・柔軟な回線設定を可能とするクラウドサービス
  • ”ドコモ画像認識プラットフォーム”とは 様々な用途に応じた画像認識エンジンを作成し、ソリューションに組み込むことができるサービス デジタルトランスフォーメーションの実現
  • どのように使うのか ①事前準備②学習③推論(検証)④システム化・運用⑤蓄積データをフィードバック
  • 用途に合わせカスタマイゼーション 除菌 配膳 噴霧 運搬

登壇者紹介

●井島 剛志様:
株式会社スマートロボティクス 取締役 COO
●小畑 和則:
株式会社NTTドコモ ソリューションサービス部 NWカスタマイゼーション推進 担当部長
●長尾 快星:
株式会社NTTドコモ 5G・IoTビジネス部 ソーシャルイノベーション推進・ソリューションデザイン担当

※「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」「docomo 5G DX AWARDS」「ドコモ5Gオープンラボ」「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「ネットワークカスタマイゼーション」「キャリー5G」「クラウドダイレクト」は、株式会社NTTドコモの商標です。