ドコモ5Gオープンパートナープログラム

第3回 ドコモ5Gオープンパートナープログラム® オンラインセミナー 5Gの高速通信を活かした
画像ソリューションの可能性

5Gソリューション オンラインセミナーでは、5Gを活用したソリューションに関する様々な旬のトピックを皆さまにご提供します。今回のテーマは「画像」です。5Gの高速通信を活かすソリューションとして画像の活用が挙げられます。今回のセミナーでは、パートナーソリューションの中から以下の2つの画像ソリューションをご紹介します。

「SwipeVideo」SwipeVideoは、視聴者が自由に視点を切り替えながら映像を視聴できるサービスです。マルチアングルで撮影した画像を5G回線でサーバーにアップロードすると、360度映像がリアルタイムで生成されます。視聴者は、Webブラウザ上の映像をスワイプすることで、好きなアングルから映像を視聴できます。

「SAFR™」SAFRは、高速・高精度なAI顔認証ソフトウェアです。様々なソリューションに容易に顔認証機能を組み合わせることができます。NTTドコモでは、「顔認証入退管理ソリューション EasyPass™ powered by SAFR™」をサービスとして提供しています。

本セミナーでは、これらドコモの5G活用サービスを利用して、今すぐ5Gソリューションの提供を開始するためのポイントを解説しました。

開催概要

日時

2021.1.28(木)15:00~17:00

場所

オンライン開催(MS Teams)

費用

無料

主催

株式会社NTTドコモ

運営協力

日本仮想化技術株式会社

プログラム

時間 内容
15:00-15:10 オープニングトーク(イベント説明)
@事務局
15:10-15:40
5GでVOD2.0へ「SwipeVideo」
下城様@AMATELUS株式会社
15:40-15:50 質疑応答
下城様@AMATELUS株式会社
15:50-16:20
5Gで顔認証をもっと身近に「AI顔認証SAFR(セイファー)」
高村様@リアルネットワークス株式会社
16:20-16:30 質疑応答
高村様@リアルネットワークス株式会社
16:30-16:35 クロージング

講演内容

■5GでVOD2.0へ「SwipeVideo」

講師:下城 伸也(AMATELUS株式会社)

20年以上前から研究されている「自由視点映像」は、映画「マトリックス」や、冬季オリンピック・野球・柔道・ラグビーなどのスポーツ分野、アーティスト映像などのエンターテイメント分野でも採用されてきましたが、一方でデータ容量が大きく視聴者への配信が難しいため、視聴者が任意で自由に視点を切り替えることができないという課題がありました。
このような課題を解決したのがSwipeVideoです。
SwipeVideoは、視聴者のスワイプに応じて、見たい角度のカメラの映像をクラウドから配信するシステムを提供しており、そのシステムで国際特許も取得しました。

【SwipeVideoの特徴】
・4G以上の回線で配信可能
・コンテンツ作成用カメラ台数無制限
・動画再生用アプリ不要(HTML5のプレーヤーで視点切り替えをしながら動画再生可能)

利用シーンはエンターテイメント、スポーツ、技術教育、EC/イベントなどを想定しており、技術教育の分野での事例として、仙台育英学園、美容メーカー、伝統芸能などの教材作成などに活用されてきました。
特にエンターテイメントやスポーツの分野では、無観客イベント、無観客試合の増加に伴い、SwipeVideoのお問い合わせも増えているほか、SwipeVideoを5G回線で利用することで、ズームなどをしても高精細な映像を見ることができ、ライブ配信時に低遅延にできるというメリットがあることから、医療関係からのお問い合わせも増加傾向にあります。

ビジネスモデルとしては、様々な企業に対してSwipeVideoのシステムを提供していくB2Bモデルを採っています。

【提供モデル】
・コンテンツの撮影
・撮影システムの販売
・クラウド配信システムの提供

SwipeVideoは、視聴者に「スイッチングの権利」を提供すると共に、今後は自らがコンテンツを生成するUGC(ユーザー生成コンテンツ)を強化していきます。
映像の視点を解放できる、VOD(Video On Demand)からVOD 2.0(View On Demand)を5G時代のスタンダードにしていきたいと考えています。

■5Gで顔認証をもっと身近に「AI顔認証SAFR(セイファー)」

講師:高村 徳明(リアルネットワークス株式会社)

顔認証はアジア太平洋地域をはじめとする世界中で使われ始めており、今後市場が大きく伸びていくと予測されています。
主な用途は監視や入退室の管理、マーケティング、そして非接触によるコロナ対策などが挙げられます。また、スマートシティや防犯ゲート、出席確認などにも利用されています。

SAFR(Safe Accurate Facial Recognition)は、安全で正確な顔認証ソフトの頭文字をとったものです。

リアルネットワークスはWindows 95が出てきたころ、RealPlayerという動画の再生ソフトを販売しており、その後real timesという顔認識技術を提供しました。この際に利用者から承諾を得て収集した1000万の顔情報をディープラーニングにより解析し、顔認証ソフトを作ったのがSAFRです。

スマートフォンで正面からの顔を一枚撮影するだけで登録ができ、認証の際には、暗いところや逆光、横顔なども認識できます。
また、コロナ対策として、マスクをした顔の認識精度も強化しており、マスクをしていない状態での認識精度が99.87%に対して、マスクをした顔でも認識精度は98.90%と高い精度を提供しております。

なりすましの防止は、特別なカメラなどを使わず、レンズが1つのカメラでも認識できるアルゴリズムを開発しています。写真やスマートフォンに写した画像などでは認識はするが生きた本人では無い、と正しく認識し、認証を行わないようにしています。

【SAFRの特徴】
・顔認識のスピードが業界最高水準の約0.1秒
・APIを公開しており、外部システムやデバイスと連携可能
・なりすましの防止や、人種や肌の色の違いによる誤認識にも対応
・容易な顔登録

ドコモのソリューションとして、「EasyPass™ powered by SAFR™」を提供しており、顔認証での施錠管理やイベントなどのチケットレス化、今後は顔認証によるキャッシュレス決済なども可能になります。

5Gオープンパートナープログラムでのビジネスマッチングでも成果が出てきており、工場などで利用する非接触で開くシャッターを開発いただき、昨年から販売していただいております。他に見守り用ロボットへの組み込みなども行っていただいております。その他、海外での事例も多数あります。特にインドでの採用が増えており、他にブラジル、韓国などでも採用が進んでいます。

  • Swipe Video 課題解決 ・4G以上、配信可能(ノーバッファリング)・スマホでも撮れる本格バレットタイム・カメラ台数無制限・スワイプで視点切替・アプリ不要のHTML5プレーヤー 理想的な自由視点映像※国際特許 特許取得済み 低価格+手軽+高速配信
  • ”SAFRの特徴 業界最高水準の高制度99.87% 1000万の顔データを学習 業界最高峰のスピード約0.1秒(NIST) 競合と比べ3~5倍の速度 公開されたAIP ・マルチOS、マルチベンダに対応・API、SDKを利用して連携アプリケーションの開発も可能 多彩ななりすまし対策 低バイアスNIST4位 人種や肌の色による認識制度の低下が少ない

登壇者紹介

●下城 伸也様:
AMATELUS株式会社 代表取締役CEO
●高村 徳明様:
リアルネットワークス株式会社 アジア太平洋地区 副社長

※「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」「docomo 5G DX AWARDS」「ドコモ5Gオープンラボ」「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「ネットワークカスタマイゼーション」「キャリー5G」「クラウドダイレクト」は、株式会社NTTドコモの商標です。

※「SAFR™」はリアルネットワークス株式会社の商標です。