ドコモ5Gオープンパートナープログラム

  • 映像・音声伝送

5G伝送装置の2地点利用による4Kカスタマイズ映像伝送実証実験

開催概要

実施日

2019.03.30(土)

実施場所

嘉瀬川河川敷、佐賀県立博物館(佐賀県佐賀市)

参加企業・団体

検証項目

・5G伝送装置の2地点利用による映像伝送
・4Kカスタマイズ映像(4Kカメラ3台で撮影したものを繋ぎ合わせた180度パノラマ映像)を、5G伝送装置とテレビ放送用の既存伝送装置を組み合わせ映像伝送

実験結果

嘉瀬川河川敷(バルーン撮影地)および佐賀県立博物館横(5Gデモバス設置場所)の2地点に5G実験装置を設置。
バルーンに搭載した4Kカメラ3台で撮影した映像を180度パノラマ映像にカスタマイズし、5Gネットワーク経由で伝送。2地点の5G伝送に加え、地上波テレビ電波網(FPU)による伝送を組み合わせ、5Gデモバスでライブ配信を行った。
また同時に収録した4K映像を2K映像に変換し、地上波放送局で放送するための収録を行い、地上波デジタル放送で使用した。
4K中継車の利用、FPUによる無線伝送を利用した5G実証実験はドコモ初。

バルーンに取り付けた映像機材
5Gデモバス内ライブ視聴の様子
5Gデモバスの体験

今回実施した複数の高精細カメラの合成映像+音声を同期した大容量データ伝送は、今後イベント等のパブリックビューイングや様々な利用シーンの拡大を見込む事ができる。
5G商用サービス開始後には、九州地区で盛んであるスポーツ中継等での活用を見込む。

実証実験のシステム構成図

各社の役割

伝送回線、4K中継車の提供
システム構築全般サポート
バルーン係留の協力、バックアップ用光回線(フレッツ光)の提供
実証実験場所の提供
株式会社NTTドコモ 5G設備・技術の提供

※「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」「docomo 5G DX AWARDS」「ドコモ5Gオープンラボ」「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「ネットワークカスタマイゼーション」「キャリー5G」「クラウドダイレクト」は、株式会社NTTドコモの商標です。