ドコモ5Gオープンパートナープログラム

  • VR
  • 映像・音声伝送
  • ロボティクス

日本初のみちびき(準天頂衛星システム)を利用した
案内ロボットで5Gを活用した実証実験

開催概要

実施日

2019.03.19(火)

実施場所

九州大学伊都キャンパス ウエスト2号館(福岡県福岡市)

参加企業・団体

検証項目

  1. (1) 5Gによる準天頂衛星みちびきを利用した案内ロボットの誘導実験
    (ハウステンボス内で案内ロボットが来園者をガイド)
  2. (2) 5Gによる全方位4Kカメラ映像を用いた共体験実験
    (遠隔地からハウステンボス園内の散策が体験可能)
  3. (3) 5Gによる全周レーザーセンサーを搭載した車いすロボットの誘導実験
    (外部PCで点群データを処理して車いすロボットを目的地へ誘導)

実験結果

九州大学伊都キャンパスにて、5Gを活用し、
  1. (1) 準天頂衛星みちびきを利用した案内ロボットによる誘導実験
  2. (2) 全方位4Kカメラ映像を用いた共体験実験
  3. (3) 全周レーザーセンサーを搭載した車いすロボットの誘導実験
を実施。

(1)は、準天頂衛星みちびきから㎝単位で得られた位置情報を元に、来園者との対話を通じて案内ロボットが目的地まで自動運転を行う。その際、自動運転に必要な情報は全て5Gを通じて管制用PCに送信。管制用PCにてロボットの正確な位置や情報をリアルタイム(低遅延)に把握することができた。
(2)は、案内ロボットに搭載された全方位4Kカメラ映像を、5Gを通じて伝送し、遠隔にあるVRゴーグルを通じて共体験できる実験を実施。あわせて遠隔から5Gを通じてロボット操作の実証実験を実施。
(3)は、全周レーザーセンサーを搭載した車いすロボットから送られる大容量データ(全周レーザーセンサーデータ)を、5Gを通じて管制用PCに送信し、管制用PC側で高速処理させることで車いすロボットによる誘導を実施。

記者会見の様子
実装ステップ
ハウステンボス園内を想定し、案内ロボットが誘導している様子
全方位4Kカメラ映像を用いた共体験実験をしている様子

本実証実験を通じて得られた結果をもとにロボットの改善を図り、今後はハウステンボスでの実証実験を開始する。
本実証実験を通じてロボットの社会実装における有効性を評価するとともに、ロボットが社会貢献できる未来の実現に取り組む。

実証実験のシステム構成図

実験(1)
実験(2)
実験(3)

各社の役割

大学院システム情報科学研究院 倉爪教授が開発した実空間ロボット制御技術の提供
案内ロボット開発
本実証実験フィールド提供
案内ロボット開発
ハウステンボス 案内ロボット開発における知見及びアドバイス提供
今後の実証フィールド提供
株式会社NTTドコモ 5G実証環境提供

※「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」「docomo 5G DX AWARDS」「ドコモ5Gオープンラボ」「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「ネットワークカスタマイゼーション」「キャリー5G」「クラウドダイレクト」は、株式会社NTTドコモの商標です。