ドコモ5Gオープンパートナープログラム

  • 映像・音声伝送

日本初、5Gプレサービスを活用した地上波テレビ生中継を実施 中継車不要で高品質のモバイル生中継が可能に

開催概要

放送局側に設置したカメラリモートコントローラーと中継地点の放送用ハイビジョンカメラを5G回線で接続し、地上波の報道・情報番組(「あさチャン!」「ひるおび!」「TBSニュース」)で、渋谷スクランブルスクエア開業初日の模様などを生中継で視聴者にお届けしました。

実施日

2019.11.01(金)

実施場所

渋谷スクランブルスクエア15F SHIBUYA QWS

参加企業・団体

検証項目

地上波放送の生中継では放送品質を保つため、通常、中継車に設置されたカメラのリモートコントローラーを用いて、綿密な色彩調整やアイリスコントロール(明るさ調整)を行います。また中継のタイミングを知らせるための信号(タリー信号)や、スタジオのキャスターと掛け合いトークを行うための低遅延映像信号(送り返し映像)を、本社から中継現場に伝送します。
今回の中継では、5Gのネットワーク上にVPN(バーチャルプライベートネットワーク)を構築し、TBS赤坂放送センターと中継地点となった渋谷スクランブルスクエアをダイレクトに接続し、赤坂放送センターに設置したカメラリモートコントローラーで、中継先カメラの遠隔制御を行いました。

実験結果

伝送された映像は当日の報道・情報番組(「あさチャン!」「ひるおび!」「TBSニュース」)で生放送され、5Gプレサービスを用いて日本初のライブ中継映像伝送に成功しました。

ハイビジョン映像伝送には(株)ソリトンシステムズ社のCODEC(映像符号化技術)を使用、送り返し映像伝送にはTBSで開発した映像伝送システム「LIVEBACK」を使用しました。これらを5Gのプレサービスと組み合わせる事で安定した映像伝送を行い、さらに5Gの低レイテンシー(低遅延量)という特徴を生かしたカメラコントロールシステムを併用することで、今までは困難だったきめ細かい制御が実現可能となり、高品質の生中継が実現しました。

TBSテレビでは、このリモートプロダクション技術(遠隔番組制作手法)を応用し、突発のニュース中継などにおいても高品質の中継を目指すと共に、遠隔無人監視など他業種への応用研究も進めています。また放送番組制作現場での人員の最適化を推進し、働き方改革の推進による番組クオリティの向上を目指しています。

5G伝送による中継の様子
(渋谷スクランブルスクエア15Fより)
撮影の様子
(渋谷スクランブルスクエア15Fより)
5Gデータ通信端末
カメラリモートコントローラー
(TBS赤坂放送センター)

システム構成図

各社の役割

TBSテレビ ・テレビ中継全般を担当
撮影の実施や番組との調整等
・ワイヤレス伝送機器部分を担当
モバイルライブ中継システムSmart-telecaster Zao-S 等
株式会社NTTドコモ ・5Gシステム全般を担当
5G基地局/端末の提供等

※「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」「docomo 5G DX AWARDS」「ドコモ5Gオープンラボ」「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「ネットワークカスタマイゼーション」「キャリー5G」「クラウドダイレクト」は、株式会社NTTドコモの商標です。